周知の事実にはなりますが、ほぼすべてのギャンブルゲームには、ある一定のリスクが付き物ですよね。必ず勝てる保証が付いたカジノゲームは存在しません。とはいえ、初心者には勝てないようなゲームがあれば、初心者が安全にギャンブルを始めるのに適したゲームもあります。初心者にもごく簡単に遊べるゲームもありますが、ベテランギャンブラーとなると、経験を必要としないような運だけのゲームは好みません。

勝つのはどんな人で、負けるのはどんな人?

前述したとおり、ギャンブルの世界には100%勝てる保証はないので、誰でも勝ったり負けたりする可能性があるというのが事実です。ここは意見が分かれるところではありますが、運の良し悪しとちょっとしたゲーム戦略がすべてなのです。もしそうであれば、最良のゲーム戦略を使っているのはどんな人なのだろうか、という疑問が湧いてくるでしょう。

実際のところ、誰しもが勝ちたいと思い、損をしたい人なんて誰もいません。が、事実としては、どちらかが勝って、どちらかが負けるのがギャンブルです。とはいえ、経験がものを言うのもまた事実です!ややこしい話ですよね笑。負けてばかりのうちはまだ素人なわけですから、何が良くないのか分かるように練習を積まなければなりません。そもそもお金を賭ける前に、ギャンブルがどういった行為で、どういったリスクがあるのかを理解しなければなりません。

ギャンブルマシンの数学的な設計

ギャンブルでは勝つこともあれば負けることもあると前述しましたが、どうしても負けが続くようなら、一度マシンの仕掛けを理解してみるといいでしょう。というのも、ギャンブルマシンの設計は、数学の理論に基づいてできているからです。すべてのギャンブルゲームは、数学的なルールや規則に基づいて動作するようにデザインされています。特に、まだ始めたばかりの初心者であれば、そうした数学的に設計されたマシンに惑わされやすいのかもしれません。

カジノ運営側の絶対的優位性

マシンメーカーにとって、カジノ運営側(一般的に「ハウス」と呼ばれる)に対し、絶対的優位性を確実に提供することを非常に重要です。そのため、マシンメーカーは、自らマシンを数学的に設計するか、あるいは、数学的に設計されたマシンを買っているようです。言うまでもなく、カジノ運営側は、まったくもって議論の余地ない絶対的優位性を好みます。

ギャンブル損失額を最小限にするには?

繰り返しになりますが、ギャンブルでは、一方が負け、もう一方が勝ちます。ただし、試行錯誤して練った戦略を用いれば、負けて失ってしまう金額を減らすことができます。調子に乗っているわけでもなく、自慢したいわけでもありませんが、(自分で言うのもなんですが)実は筆者は、負けるよりも勝つことのほうが多いです。

なぜ筆者が負けるよりも勝つことのほうが多いかと言いますと、勝ち負けの回数によらず、基本的な経験則を守っているからです。このやり方を用いれば、損失額を最小限に抑えることができます。正直言って、単発のゲームではなく、長い目で見たときに、損失額はこのやり方で減らすことができるのです。以上です。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。また次回お会いしましょう!